AX

IAA国際アロマニスト協会こころのカウンセリングルーム銀座

IAA国際アロマニスト協会こころのカウンセリングルーム銀座
アロマを使い心の悩みを解決する心理カウンセリング

心の救急箱

今回のことで眠れなくなったり、落ち着かなくなったりイライラしたりといった症状が見られる方がいらっしゃるかもしれません。お子さんたちも夜泣きをしたりべたべたと甘えるようになったり逆におとなしく黙りこんでしまったりと何かしら普段と違った様子になっているという話を聞きます。なかなか余裕がなくて大変だと思いますが「大丈夫だよ」「一緒にいるからね」などとやさしく言葉かけをしたりして安心させてあげてください。

以前の震災の時、PTSDということが話題になりました。とても怖い思いをしたあとでこころの状態が普段とちがってしまい、さまざまな苦しいこころの不調が(不眠や不安、怖い場面をありありと思い出してしまって恐怖感で苦しくなったり、自分が自分でないような感じがしてしまったり、感情が凍り付いてしまったり、突然怒りや悲しみでいっぱいになってしまったり・・・)ずっと続いてしまうことです。

でも、緊急事態にはこころがいつもとはちがった状態になるのはあたりまえ、とっても自然な反応です。自分だけこころが弱いのではないだろうか?自分が変なのではないだろうか?がまんやがんばりが足りないのではないか?とは思わないでください。苦しかったら泣いてもいいし、時には日常の細かい家事や仕事に没頭して気をまぎらせるのもいいでしょう。ただし、アルコールはみんなで楽しく飲むときはいいのですが不安や怖さをまぎらわせようと飲むのは不健康です。

浮き足だって自分が自分でないような気がしたときの応急処置は足をしっかりと踏ん張って壁を両手で力いっぱい押してから、背筋を整えて立ってみてください。それから「だい、じょう、ぶ」とゆっくりいいながら息をぎゅうっとお腹に押し込んでいきます。体からこころに働きかけるやり方です。

こころの状態は日々変わっています。回復には時間が必要です。こころの不調が続いて苦しいときにはひとりで抱え込まないことが大切です。ちょっと勇気をだして聞いてくれそうな身近な人に打ち明けたり専門家に相談してくださいね。


いやな気分、ゆううつな気分になったとき、なんとかしようとあせってもなかなか思うようにいかないものです。

また、気持ちが変わったら、明るくなったら、やる気がでてきたら、そうしたら何かはじめようと思ってじっと待っていてもなかなか気持ちは変わりません。

そんなときはほんの小さなこと、なんでもいいからいままでと違ったことをしてみてください。

なかなか行きたかった所に思い切ってでかけてみる、朝はいつもゆううつでカーテンを閉めたままならカーテンを開けてみる、暗い気持ちで悩んでいるならちょっとほほえんでみる、簡単にできるほんのひとつの行動で気分が変わってくることがあります。


人間関係、病気、仕事、経済、学校、毎日の生活にはストレスがいっぱい!

ストレスが長い間続くと体や心に不調がでたりもします。できればストレスの影響は最小限にしたいものですね。

ストレスに強くなるにはまず、自分にぴったり合ったストレス対策を見つけましょう。「ストレス対策を持っている」ということで心の余裕も違ってきます。

いろいろなストレス解消法の情報がありますが、どんな方法が一番ぴったりくるかは人によって違います。五感と運動感覚のうち、どれを使った方法が自分に合っているか、という観点で探すと見つけやすいかもしれません。

視覚を使う:景色を眺める、美術館に行く・・・

嗅覚を使う:いい香りを嗅ぐ、お茶やコーヒーを楽しむ・・・

聴覚を使う:音楽を聴く・・・ 味覚を使う:おいしいものを食べる・・・

触覚を使う:ぬいぐるみを抱きしめる、マッサージを受ける・・・

運動感覚を使う:走る、スポーツをする、歌って踊る、呼吸法・・・

他にも2つ、3つの感覚を組み合わせたりして、ぜひ、自分にぴったりな方法を考えてみてください。

 

 


上手に悩むにはコツがあります。

〇間を決める

⊇颪出す

仕分けをする

まず、どのくらいの時間悩むか決めます。

15分?1時間?その時間は他のことは考えずしっかりと悩むことに専念します。

次に悩みをぜんぶ書き出します。

思い浮かぶ悩みを全部書いてしまってください。

そうしたら、次に仕分け。

行動をしたらなんとかなりそうなもの、方法が見つからないもの、時間が必要なものに分けます。

時間の必要なものに関しては後で考えることにして、今、行動したらなんとかなるもの、方法が見つからないものに関しては真剣に解決策を考えます。そして解決の計画を練る。方法が見つからないものはどうやったら方法が見つかるか考えてみてください。ネットで調べる?図書館に行く?詳しい人や、専門家に聞く?

書かないでただ考えていると、つい、同じことをぐるぐると思い浮かべていることが多いものです。うつっぽっくなってしまったり、罪悪感で自分を痛める原因になりますので気をつけてくださいね。

 


完全主義は普段はとてもいいことです。

仕事もきちんとするし、人から信頼されるし、

能力を最大限に使って一生懸命何かをこなし

高い目標を達成することもできます。

 

でも、心や体が疲れてしまったとき、

ストレスがたまってしまったときに

完全主義で乗り切ろうとすると、ちょっと危険です。

ただでさえ疲れた心や体に負担をかけ、

よけいに具合が悪くなってしまったりひどくなると

ウツになってしまったりすることも。

ウツになった後も「完全に回復しなきゃ!」と

あせってしまい、自分を責めてしまったりすると

悪循環になってしまいます。

 

そういうときに必要なのは「ほどほどに」とか

「まあ、いいか」という言葉です。

「ベストを尽くす」のは確かにすばらしいことですが、

それ以外の対処法も知っておくと、

いろいろな状況を上手に切り抜けやすくなりますよ。

 

 


日常生活の中でほんの少し、時間をとって自分をケアする習慣を持ちましょう。

‖里隆恭个肪躇佞鮓ける

胃がむかむかしていたり、首や肩がひどく凝っていたり、目が疲れていたりしていませんか?力がはいってしまっているのはどこでしょう?逆にだらんとして力がはいらないのは?

⊆分の気持ちに注意を向ける

いまの気分はどうでしょう?ぼーっとしてる?悲しい?せかせかあせっている?なんとなく沈んでいる?それともわくわくはずんでる?どんな感情もきちんと向き合って受け止めてあげるとだんだんにほぐれて変わっていきます。

N呂魎砲瓩匿叱撞

凝っているところを無理にリラックスさせようとしてもゆるみません。逆に一度力を入れてみると力が抜けることがあります。手をぶらぶらさせてみましょう。深呼吸は必ず息をおもいきり吐くほうからするのがコツです。

ぜ分を癒す

力を込めて日々がんばってる自分の体といろんな気持ちをかかえている心にお疲れさまを言ってあげましょう。どうしたら喜ぶのか?何が好きなのか?時々真剣に自分に聞いてあげるといいですね。

 


ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか―感情労働の時代
ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか―感情労働の時代
クチコミを見る

看護、介護などひとのケアをする仕事、お店や会社や家庭でも人と接して細やかな気配りが求められる仕事をしていて、なぜか疲れやすくなってしまった、いったいどうしたんだろう?そんなときにお勧めの一冊です。

感情は普段あまり重要視されていませんが、気持ちを抑えることが習慣になってしまい本当の自分の感情に気づかずにいると心にも体にもあちこち不具合がでてきます。

忙しい毎日の中でも、時には自分の感覚に注意を向けて、本当の感情に気づき、さしつかえのない場所で思う存分話したり、日記に書いたり、歌や絵に込めてみたり体を動かしてみたりして感じた気持ちを自分の外に出す、表現することが大事なのだと思います。

 


 


まだ、大丈夫、ひとりでなんとかなる、いよいよ耐えられなくなったら、相談しようと思っているうちにどんどん状態が悪くなって相談に行く気力がなくなってしまうことがあります。

また、ひとりで考えているとどうしても考えは同じところでぐるぐる回ってしまうばかりで、なかなか解決の方向に向かわないこともあります。

心の不調の場合、がまんはあまりお勧めできません。どうか、早期発見、早期相談をこころがけてください。早めに相談すれば、相談回数も少なくて済むことがあります。

ひとりで悩まず、一緒に問題を解決していきましょう!

 


自分で自分を追いつめてしまう考え方のくせがあります。

1、「〜すべきである」「〜しなくてはならない」と考えて行動することが「〜したい」と思ってすることよりずっと多い。

2、完全主義なのでちょっとしたマイナスがあると全部ダメだと決めつけてしまう。

3、自分を責めることが多い。

4、楽しんだりリラックスするのが苦手

こんな癖があると、何かあったときにすぐに落ち込んでしまいがちですし、落ち込んでしまうと回復に時間がかかってしまいます。こんなくせをほんの少しでも変えることができればずいぶん気持ちが楽になります。

1→「〜すべき」理由をよくよく考えてみて「〜したい」に書きかえる。たとえば「片付けをすべき」という中には「居心地のいい空間を作りたい」「人に文句を言われたくない」などの「〜したい」がいくつか隠れています。「〜しなきゃ」とつぶやくよりも「〜したい!」とつぶやくほうが明るい感じがしませんか?

2→マイナスだけでなくプラスも考えてみましょう!完全は確かにすばらしいことですが完全でなくても大丈夫なことも多いものです。

3→自分をほめてみましょう!はっきり声に出すのがコツです。

4→積極的に楽しみを見つけたり、リラクゼーションの方法を身につけましょう!


気分が不安定なときには、自分を気づかう余裕がなくなってくることがあります。なんとなくだるいというのはわかってもそれがおなかがすいているせいなのか、疲れたせいなのか、精神的に動揺しているからなのか、わからなくなってしまったりします。どんなところに注意をしたらいいのでしょうか?

1 まず、エネルギーを補給

朝何となくうつうつとしていたりすると何も食べないまま時間がすぎてしまうことがあります。そうするとエネルギーがなくなってどんどん気力がなくなり、ますます起きあがれなくなってしまいます。きちんと食べるのが理想ですが無理は禁物、大げさな支度でなくてもいいのでちょっとつまめるものやジュース、果物など、好きなものを用意しておきましょう。

2 体を動かす

定期的に体を動かすことは気分の安定にもゆううつな気持ちにも効果があることがわかっています。ウォーキング、ヨガ、ダンス、ストレッチ、何かできることを探してみましょう。

3 睡眠

午前中に朝の光を浴びて体のバランスをととのえましょう。寝る前には照明を少し落としてアロマテラピーで好きな香りを嗅いだり音楽を聴いたりしてリラックス。悩み事は書き出しておいて後でしっかりと時間をとって具体的な対策を考えます。リラックスのための呼吸法や自律訓練法も試してみましょう。