AX

IAA国際アロマニスト協会こころのカウンセリングルーム銀座

IAA国際アロマニスト協会こころのカウンセリングルーム銀座
アロマを使い心の悩みを解決する心理カウンセリング

お手軽アロマ生活

ついに冬本番!毎年必ず冬は来るのにそのたび「寒い!」と改めてびっくりしてしまいます。

乾燥対策、まめな水分補給、外出後の手洗いと、うがいが大事なのはいうまでもありませんが、なんとなく気持ちがいらいらしていたり、ストレスがたまってブルーな気分状態だと免疫力が落ちて風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。

この季節、欠かせないのは実は心の健康対策なのです。

からだが寒さでかたくなってしまうこの季節、お風呂にはいるときにはお気に入りの香りでおもいきりくつろいでください。夜、ゆっくり眠れていますか?眠れない夜にはラベンダー、マージョラムなどを枕元のティッシュにドロップ。ぐっすりと眠って、ストレスに強い心を作りましょう。ユーカリやレモンでお部屋の空気をすっきりリフレッシュ、それでも悩みが晴れなければ、カウンセリングにどうぞ。


今年は雪が多いせいか例年よりも寒いような気がします。2月はとくに風邪がはやりますね。

風邪を引いてしまって鼻がつまって苦しい日には洗面器に熱めのお湯を入れ、ペパーミントとユーカリのエッセンシャルオイルを数滴ドロップします。素敵な香りが立ちのぼり、気分もぐずぐずの鼻もすっきりさわやか。

マグカップにお湯を張ってユーカリとレモンをほのかにお部屋に香らせても風邪の時のイライラした気分がやわらぎます。お部屋で香らせるときは、ほのかに、というのがポイントでいつまでもきつい香りが残るほどにたきこめたりするとかえってイライラしちゃうかもしれません。具合の悪いときはとくに気をつけてください。香っているか香っていないかわからないくらいかすかな香りでも十分に気分転換の効果があります。

お大事に!

 


だんだん風も冷たくなってきました。エッセンシャルオイルを使った素敵な香りのバスソルトで身も心もほんわかあたたまってみませんか。

まず、お塩を用意します。精製された真っ白なさらさらのものよりもミネラルが多いものがよいですね。最近売り場に行くといろいろな産地のいろいろな種類の塩が並んでいます。お気に入りを探してみましょう。

計量スプーンで小さじ2杯分の塩を計り、そこにお気に入りのエッセンシャルオイルをドロップ。あわせて4、5滴以内くらいを目安にいれていきます。種類によって同じものをたくさんいれると刺激が強すぎるものがある(パインニードルなど)ので注意しましょう。お肌の敏感な方は量を加減してください。比較的刺激が弱いのがラベンダー、カモミールです。同じものばかり何滴も入れずにいろいろな香りをブレンドするのがおすすめです。これで2、3回分くらいです。香りがとんでしまいますので入る直前にお湯に入れてゆっくりとあたたまって下さい。

*注意*

.撻僉璽潺鵐箸六彪磴強すぎるので寒い時期のお風呂にいれるのにはおすすめしません⊂さなお子様、妊娠中の方は使えないエッセンシャルオイルがありますので使う前にご相談ください。ただ香らせるのと違って直接お肌につきますので質の良い自然なエッセンシャルオイルを選んでください


旅先で環境が変わったりするとなかなか寝付けなかったり、リラックスできなかったりすることがありますが、そんなときにお気に入りのエッセンシャルオイルがあると香りを楽しみながらうまく気分転換をはかることができます。

私の経験でいうと、長旅で疲れ切ってしまったときには、ラベンダーとマージョラムをいれたお風呂が役に立ちました。

寝起きでぼーっとしてしまっているときはレモン、ローズマリー、ペパーミントなどを使うとすっきりします。

暑さでまいっているときにはレモングラスをベースにブレンドして涼しげな香りを工夫してみます。

ただ何度も書いているように香りには好き嫌いがあるので必ず試しに嗅いでみて自分の感覚で納得のいくブレンドを作りましょう。

最近、航空会社では液体の機内持ち込みを制限しているところがあるので香りを持ち歩くときにはしっかり閉まるジッパーつきの小袋に、コットンやティッシュをいれてお気に入りのブレンドを数滴ドロップしておく、などの工夫が必要かも知れません。


蒸し暑さが体に応える季節です。空気が重く感じられてなんとなく気分もすっきりしない。こんなときはクーラーの風がとても気持ちよく感じられますが、長い時間当たっていると足腰が冷えてからだがだるくなったりしませんか。そうなると眠りも浅くなってしまったり、気分もさえなくなったり。

冷えたかな?と思ったら家に帰って寝る前に足浴をすると体も心もほぐれてゆったりとした気持ちで眠れます。

〈アロマ足浴〉                                       用意するもの                                       *大きめの洗面器かバケツ、                                          *お湯(熱すぎずぬるすぎず足をいれて気持ちいいと思えるくらいの温度で) 、 *エッセンシャルオイル、                                             *タオル

まず大きめの洗面器またはバケツにくるぶしが浸るくらいのお湯をいれます。そこにエッセンシャルオイルを1滴ドロップ。足をつけて10分間くらい。その間はぼーっとしているほうがいいですね。途中でぬるくなったらお湯を足しましょう。終わったらよくよく拭いておきます。ぬれたままだとまた冷えてしまいます。エッセンシャルオイルはくつろいだ気分にさせてくれるラベンダーがおすすめです。

足浴はリラクゼーション効果と睡眠効果があり、エッセンシャルオイルをいれるとその効果が増強するといわれています。


お気に入りの香りを探しましょう、と言いましたが、毎日同じ香りではいくら好きでも飽きてしまいますし同じ刺激ばかりでは慣れてしまって気分転換の効果もなくなってしまいます。そこで今日は「ブレンドのすすめ」です。

使いやすいおすすめオイルにラベンダーをあげておきましたがこのラベンダーにはしゃきっとする香りのローズマリーがおすすめ。癒し系と集中系、正反対のように思えますが、これが意外とよくあいます。また、以前働いていた心療内科の待合室で評判が良かったのはラベンダーとオレンジの組み合わせでした。

このところまるで真夏のような暑い日が続いていますがこういうときにはレモングラスを使ってさっぱりしましょう。レモングラスとペパーミントをシャワー時に、レモングラスとイランイランを合わせると南のリゾートにいるような甘い夢がみられそう。

お気に入りの1本が見つかったら今度はそれとよく合う香りを探してみましょう。サンプルを2本一緒にふたをあけてかいでみるとブレンドしたときの香りがわかります。オリジナルのブレンドでますます世界が広がりますね。2本一緒にふたを開けるときはふたをとりちがえないようにご注意を。ふたにエッセンシャルオイルの頭文字を書いておくといいですよ。


前回、好きな香りを見つけましょう!と書いたのですが、見つかったでしょうか。

実は、好きな香りを選んでください、といわれたときの反応は100人100通りです。

片っ端から香りを嗅いでみて「これがいい!気に入った!」と叫ぶ人、二つずつ並べて慎重に比べてみる人、ラベルをみて興味のあるものから試してみる人、「好きな香りと、言われても・・・」ととまどってしまってなかなか選べない人。「これ、どう思う?」と周りの人に聞いてみる人、自分が選んだものが正しいかどうか(!?)心配になってしまう人。

どれがよくてどれが悪いと言うことではありません。一人一人みんな、違うんですね。そして普段なにかを決めなくてはならないときと反応のパターンが似ていたりもします。どういうパターンで普段なにかを決めているのかのかをつかんでおくと重要なことを決めるときにとても役に立ちます。このお話は今後ここにのせる予定の「心の健康講座」につながりますのでちょっと頭の隅に置いておいてください。

もう一度整理すると「自分はいつも物事をどんなふうに決めているのか?」そのパターンを知っておく、これは大切です。

アロマテラピーの話に戻って、エッセンシャルオイルを使うに当たっての注意点をいくつかあげておきます。                                仝怯佞里泙淅につけない(刺激が強すぎる)∋匐,亮蠅瞭呂ところに置かない9皺后日差しを避けて保管する(自然の物質なので高温で変質してしまう)に萋毎日同じ香りばかりを何週間も続けて使うのは×(刺激になれてしまうと効き目がなくなる)です。                                     注意事項を守って楽しいアロマライフをどうぞ。

今日はシャワー時の使い方。

シャワーを浴びるとき、足下にお好みのエッセンシャルオイルを数滴入れた洗面器を置きます。香りがたちのぼって贅沢なシャワータイムが楽しめます。      蒸し暑く気分がすっきりしない朝はさわやかなペパーミントの香り、ちょっと疲れ気味の日は森の香りのパインニードルで朝から森林浴、明るい気分になりたいときはオレンジ、その日の気分で使い分けたりブレンドしてみてもいいですね。

 


ささいなストレスもたまってくれば心や体にあらわれるもの、毎日の生活の中に気軽に香りをとりいれて楽しみながら上手に気分転換をはかりましょう。

アロマテラピーというと、いろいろなエッセンシャルオイルをそろえて、効能効果を勉強して、アロマポットを焚いて、どんなときに何を何滴使えばいいの?なんて面倒くさいイメージはありませんか?

エッセンシャルオイルを売っているお店に行くとたくさんのビンが並んでいます。値段もいろいろ、香りもいろいろ。ラベルを見るとたくさんの名前と効能が書いてあって、なんだかめまいがしそう。最初に何を買えばいいのでしょうか?

|傭覆牢少価値と等級で決まる

希少価値の高いオイルほど、お高い。またランクが高く質がいいほど、高い。普段お手軽に楽しむといってもお風呂にいれたり肌につけたりすることを考えるとできれば質はおとしたくありません。そこで大量にとれるもののなかからはじめの1本を選びましょう。そうすれば良質のオイルがお手頃の値段で手に入ります。色つきの遮光ビンにはいった純粋で自然なものを選んでください。(もし予算が許せばとっておきの1本で贅沢なひととき、というのもいいですね)

手頃な価格で買えるものの中で最初の1本目のおすすめはラベンダー。眠れないとき、イライラするときに使えます。オレンジも明るくハッピーな気分になるのでおすすめです。

▲┘奪札鵐轡礇襯イルは保管しておくと変質する

ほとんどのエッセンシャルオイルはふたを開けてしまえばどんどん香りが逃げていってしまいます。ですから惜しまずに使ってください。

5い貌った香りを使う

どんなに効能効果がある植物から取ったオイルでも、嫌なにおい、気に入らない香りだと気分がよくありませんよね。かいでみて自分が好きな香りを見つけましょう。

 

<お手軽アロマ生活(第一日目)>

用意するもの:普段使っていないマグカップ、ティッシュペーパー、お気に入りのエッセンシャルオイル1本

マグカップにエッセンシャルオイルを2,3滴ドロップ、お湯を注いでみましょう。アロマポットがなくても部屋中にいい香りがただよってリラックスした気分になります。マグカップとお湯が面倒ならティッシュペーパーにドロップするだけでもいいのです。眠れない夜に枕元に置けばいい香りの夢がみられそう。

エッセンシャルオイルは自然からの贈り物です。ローズマリーの青い花が咲き乱れる地中海の海辺、オレンジが実るカリフォルニアの陽の光のきらめき、自分の落ち着くイメージを想像して気分転換を図りましょう。

たかが気分だけど、されど気分。ストレスで心がまいってしまうまえに、毎日の気分転換はとても重要です。